2015年12月21日月曜日

ERECT Magazine 005


今月23日発売のERECT Magazineさんにインタビューを掲載していただいてます。
毎号カッコイイデザインとシーンやカルチャーに対してエッジィな切り込みで、われわれ読者を楽しませてくれているERECT Magazineさんですが、今号はインドネシアと大阪特集。僭越ながらもこのメンバーの中に私も仲間入りさせていただいてます。



生い立ちからZINEで影響を受けたDirtyさんのことなど答えてます。

とっちらかった答えを綺麗に纏めてくださっています。

そしてなんといっても嬉しかったのは、Part of Osakaは英訳付き。
こうやって地方のカルチャーをグッと掘り下げるのは、とても意義のあることだと考えているのですが、それをさらに多方面へアプローチしようとするアグレッシブさが頼もしいです!
お礼にDEERHUNTERのメンバーにも贈ろうと思っています。

一歩も二歩も先行くマガジン
今号もこっゆい内容で読み応え抜群なのですが、以前も自分で紹介した既知の人たち以外に、個人的に新しく面白いと思った記事を、発売前にチョイ見せします。


インドネシアの貴重な音源を紹介しているIrama Nusantar
スカルノ政権下の抑圧の中、いかに自由に音楽を表現をするか、等とても興味深かった。
多様な情報が表面化してきている、と言ってもきっと氷山の一角なんだろうと、この記事を読んでしみじみ思いました。今号についているMix CDも最高です!


ロンドングライムシーンを撮影しているJun Yokoyamaさん。
最近けっこう耳にするグライムと、Jun Yokoyamaさんの感性の同時代性というか。
こういう写真を撮ることが、記録として、資料として、後の文化に重要な影響をもたらすんだろうなぁ、と感じました。

あとはいつもお世話になっているPulp、デザイナーの真壁さんFalusなどの記事もタップリ載っています!



23日には新宿ロフトでリリースイベントもあります!
豪華なパフォーマーに加え本誌とCDも付いて2500円(ドリンク代別)。
このパーティーのフライヤーは東京のパンクス本屋さん、flotsam booksさんもでも入手可能です。
とっても充実した時間になると思いますので、東京近郊の方ぜひぜひ遊びに行かれてください!

来年大阪で行われる関連イベントにはQuickcanalとしてZineで参加できると思います。
これについては年が明けてから、また改めてアナウンスさせていただきますね!


そして大阪の方は26日、HOPKENへ。

2015年もあと少しですが、まだまだ躍動的で刺激的に過ごしていきましょう。
ERECT Magazine005、皆様どうぞ宜しくお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿