2015年1月28日水曜日

Daniel Rossen


メンバー全員のポップセンスのバランスがあまりにも良いので、ややナーディックな傾向ではありながらも、個人的には現代のBEATLESのように思っているBrokklynのバンドGRIZZLY BEAR。そのグッドなメロディメイクの背景に、メンバーのリスナーとしての多様な音楽遍歴の構築と厚みをいつも感じます。

その四人の中の一員で、DEPARTMENT OF EAGLES、ソロとしても活動するDaniel Rossenなのですが、カントリーでシンプル且つ、しっかりとしたソングライティングを基盤にしながらも、バンジョーや爪はじくガットギターの音が、フォークロアでエキゾチックな一面もあり、改めなくとも良いSSWなのは周知ですが、自分にとっても大変好きなタイプのアーティストの1人です。ロー・ファイでチェンバーなサウンドでも、回を重ねて聴いて行く度に、色が増していくような広大性もあって、そこには、彼自身の音楽性の幅の広さが、曲に滲みでて溢れてきているからのような気がしてます。

そのDaniel Rossenがカヴァーしている名曲も、オリジナルに一切の遜色なしの出来映えで、このElvis Presley「Love Me」も、音源として是非リリースしてほしい一曲です。
ウィスパーっぽい優しげな歌声ばかり連想してたDaniel Rossenですが、ライブ映像を観ていると、意外とハスキーでしわがれた男臭さなんかも醸し出していて、この曲もいい具合に哀愁が漂っています。


ジプシーっぽいカラフルさが源泉のように湧き出てくるような、夭折した歌姫Judee Sillの「Water Fall」。こちらは、いつも良い仕事をされるP-Vineさんからオムニバスとして発売されています。他のアーティストがカヴァーした楽曲群も、それぞれ個性が出ていて楽しい愛聴盤です。朝の柔らかな空気にマッチするので、日の光を浴びながらよくかけている一枚です。


CANTでバンドメンバーでもあるChris Taylorに誘われてGRIZZLY BEARに加入するまでは、DEPARTMENT OF EAGLESの前身バンド(まさかのトリップホップ)で活動してたらしいのですが、DEPARTMENT OF EAGLESと言えば、この曲が印象的で有名でもあります。MV制作はBECK『Guero』のアートワークでも知られるMarcel Dzama。ファニーでストレンジな無邪気さと、マットでシニカルなイディオティック感が、楽曲にピッタリです。




左は六年前に購入したDzamaの画集と、右は子供のベッドタイム用にCDもついている絵本です。アウトサイダーアートっぽいウィアードさがあるけど、少し気が抜けるような可愛さもあってどちらもよく見返すお気に入りの作品です。最近までManhattanでエキシビジョンがあったDzamaですが、いつか日本にも巡回してくれたらいいのなにぁ、と常々思います。
そして、Daniel Rossenもツアー中、おそらく日本には来ないので、家でフルリピートして、どっぷり楽曲に浸る日々を過ごそうと思います。


家で楽しめるといえば映画もその1つです。
芳醇なコーラスワークのGRIZZLY BEARの音楽と、主人公たちの想いのコントラストの対比を美しい映像で捉えた2010年の映画『BLUE VALENTINE』。

この映画、結末が見る人の心の在り方で変わってくるので、当時色んな見解を目にしました。

自分自身でさえも気持ちの行き着く先はわからないもので、縁があって結ばれて約束をしたとしても、人の感情は日々変化していきます。
それはごく自然なことで、奪うようなことも、独占することもできない唯一のもの、なような気がします。ただ淡々と、そう考えてしまうと、誰かと生きる事はとても切ない行為に思えるけど、素敵なものを観たり聴いたり、自分がとっても感動したときに、ふと頭の中をよぎる顔、があればそれはとても幸福な事だし、その気持ちがほんのりと淡くても、大切にして生きる事は、自分をつくる土壌にも繋がっていくと思うのです。

オブセッションの複雑さは、いつだって自分じゃない誰かとの間に介在していると思うし、そこから沢山のものたちが産まれていくんだろうなぁ、とこの2人を見て考えさせられます。

長々と連なってしまいましたが、この2人の行方をバッド・エンド以外で想像しています。音楽と共におすすめの映画です。


0 件のコメント:

コメントを投稿