2014年8月31日日曜日

全死連



って字面だけ見ると、武装戦線がパッと頭に浮かぶ世代。安直なそのイメージとは全く相反する丸岡和吾さんの個展“全死連”をPulpに見に行ってきた。

              


http://www.kazumichimaruoka.com/
すごくカッコイイワークス。

下顎骨で描かれた卍や“死”の文字をデフォルメにして連なったミニマルな図形は、一貫してモノクロで統一されていて片鱗だけ見るとエクストリームでトライバルのようにも思えるけど、普段は主に陶芸を軸に制作されているとの通り、全体的な佇まいとしては、和の情緒と芳香が煙るようなしっとりとした大人のムードが漂う落ち着いた空間になっていた。


そんな作品郡の中でも、個人的に一番のお気に入りはこれ。一見精妙に描かれた髑髏かと思いきや…

Scottish Fold
反転させると愛らしい猫の顔!

全てシャープペンシルで描かれた柔らかいタッチの水墨画のような傑作。
作家の丸岡さんが在廊されてたので「いつもこんな風に物事をみてらっしゃるんですか?」と尋ねてみたところ「ある日猫を見ていたら、髑髏っぽく見えてきちゃって。」と仰られてた。ちなみに嬉しそうにモデルの猫たちの写メも見せて下さったので、もれなく猫もお好きみたい。


物販も充実していて、ブランドとコラボして作られたアパレルのプロダクトが陳列していた。デザインがハイセンスなのは勿論の事、受注生産されてるだけあって縫製も生地感も良質で抜群、細部にまでこだわりを感じる。




こちらは壮観の頭骨のぐい飲み。酒器って元々は祭祀に使われてたりしてたみたいなので、この形状は案外原点回帰なのかもしれないなぁ、とか思いながら。全部モチーフは同じなのに、一点一点表情が違って味わいがある。

鬼っ子とかも。


初めて丸岡さんの展示を見させてもらって“死”やその象徴である髑髏も、普段は畏怖の対象や疎遠にしがちだけど、みんなそれぞれの身体に備わっていて本来はもっと身近で美しい物なんだな、と再認識。そしてそれを土で焼いてセラミックにする、という発想が、どことなく輪廻転生も彷彿とさせてきてとても興味深かった。
たまたま日が暮れてから足を運んだのだけど、それが丸岡さんの供覧と調和していて、返ってとても居心地良く感じた。クールで情緒豊かな物は、男の子だけじゃなく女の子にもシェアして欲しい。




Pulp

8/30~9/7 *closed:9/3
mon-fri 15:00-20:00
sat-sun 13:00-20:00




0 件のコメント:

コメントを投稿