2014年5月3日土曜日

new zine "pap smear is self defense"


pap smear is self defense

 "PAP SMEAR=子宮けいがんの検査"

アメリカでは著名な人が先陣を切って受けてたり、その際に「SUCK IT ! =つべこべ言わず受けろ!」と表明したり"PAP SMEAR MOVEMENT"いう言葉もあるようです。

"SELF DEFENSE=自己防衛"

現在(2014年)日本では、子宮けいがんの予防ワクチンは推奨されていません。
ですが、日本の医療では二年に一度無料で検診できます。
子宮けいがんの検査では、がんの前段階の病変が発見出来るため“定期的に検査を受ける”という事が最善の方法です。




The spring of three years ago, I got inspection of cervical cancer.
I believed myself that I am the person who is hard to become the cancer.
But it was POSITIVE. I was confused.

三年前の春、何気なく受けた検査で「要 精密検査」の通知を受けた。
よく目にしていた“子宮けいがんになりやすい人の項目”から自分は外れていた為、その結果を聞いた時はとてもショックを受けた。

A lot of fears and worries were swirling in my mind. My daughter and My son, My job, My life...
I couldn't handle it.
Why me? It took for a while to understand my present situation.
I thought I knew all about symptom, But In fact I didn't know anything about it at all.

子どもの事や仕事の事、率直に何故自分が?という想いでいっぱいになった。
その時の自分は、雑誌やインターネットで見た情報だけで知った気になっていて、実際は殆ど白紙の状態だったのだと思う。

Later in Summer, I had another inspection of cell examination.
It came up to the result of NEGATIVE. I was very relieved for it.
Right after that, I decided to go on a trip to US. Visiting the US is my long termed dream.

その夏、改めて受けた検査で「異常なし」の結果を聞いた私は、すぐに念願だったアメリカ旅行を計画、実行した。

During my flight, there was a movie called『50/50』.
It's a true story of cancer.
A man in the film, he was much more serious condition and a little younger than me.
It reminds me about the fears of my sickness and I was familiar with myself.
 
アメリカ行きのフライトで、がんが題材のフィクション映画『50/50』を観た。
主人公は私よりも若く、病状は比べ物にならない程深刻だったが、シリアスなシーンには度々「決して他人事では無い」という事を思い起こさせられた。

On the other hand, he's life looked like brilliant even at strictly situation and like a himself lifestyle. To find the strength and great hope to live in the real life was great and gentle for all of us.

しかしそれ以上に特筆すべきは主人公の年相応のライフスタイル。
闘病の過程の中で、様々な問題に直面して悩み続けてはいるのだが、それでも毎日を自分らしく過ごして生きている。
そのカジュアルでポップな描写は観る側にとっても優しく、逆にそれが私にとっては力強い希望への示唆なような気がした。

Someday, When I'm ready to tell people about this sickness, I would like to tell them that it is not scary.

いつか私もこの病気に関して何か人に言える時が来たら、恐怖じゃない何かの方を伝えたいと思った。

Then my cell negative condition at May, to unnoticeably replaced with positive at October on Last year. According to my doctor said that's seems to be a common phenomenon.

そして、昨年の5月には「異常なし」だった結果が10月には「がんの一歩手前」という結果にすり替わっていた。お医者さまによると、細胞は人それぞれ違うため様々な型があり、この検査の結果は引き当てた所によって前後するので「よくある事」らしい。

This year on February, I underwent surgery. Luckily, my body situation was one step short of the cancer. In the future, I will never forget spending time with another patients and their family while I was in the hospital.
I realized that the everyday-life I am spending now is not naturally happened.

今年の2月に検査と治療を兼ねて円錐切除の手術を受けた。
幸いな事に、私の場合はがんではなかった。

手術から退院までの9日間、婦人科腫瘍の病棟で他の患者さんやその家族と過ごした時間は一生忘れないと思う。
今ある毎日は当たり前じゃない、という事を改めて痛切したからだ。

I felt strongly than ever wishing you to undergo testing  of cervical cancer.

『50/50』 a man's model person is overcome cancer.
Of course, I do not think everything of your life will be over by cancer.
But, if you want to keep your job, protect your family, your life and something to be with you.

『50/50』のモデルになった方も克服されたように、勿論がんになったからと言ってすべてが終わりなんて全然全く思わない。でも、現実的に今ある毎日や、支えてくれる周囲の人達の生活を持続させる事は困難だと思う。

Don't fear a pap smear. Please take it.

だから検査を受ける事が、あなた自身やあなたの周りの人達を守る最大の防御だと思って、1人でも多くの人が実施してくれる事を願う。

HERE'S DISTRIBUTION SHOP
配布店さま

ONLINE

flotsambooks (5/3~5/5東京都目黒区中目黒4丁目4-10 POETIC SCAPEにて実店舗販売)
lilmag

OSAKA

colombocornershop 大阪市中央区南久宝寺町4-3-9 難波神社向かい
biblioteque 大阪市北区梅田1丁目12-6 E-MA  B1F B2F
visit for 大阪市西区南堀江1-12-2 2F 4F
rum 大阪市都島区東野田1-8-21ルミエール京橋 1F
paramexico 大阪市北区中崎西1-1-28 済美荘 1F


KYOTO

violet and claire 京都市左京区早尾町313-3 五条モール202

LA

ooga booga 943N Broadway #203 Los Angels, CA 90012

ご協力いただいてる店舗さまのみでの配布となりますので、このZINEと共に宜しくお願い致します。


0 件のコメント:

コメントを投稿