2013年10月30日水曜日

Now I`m A Spook




                                           THE SPOOKS
 


前回BALKANSの時も書いたようにとにかくサイドプロジェクトが半端ないアトランタのシーン。
BLACK LIPSのCole(Vo),Jared(Ba),Joe(Key)のIanを除く3人のメンバー(ただしIanも他に複数のバンドに参加している)と同郷バンドThe Kiwisのメンバー2人による“ゴーストが憑依した”とされる5ピースバンド。結成は2002年。ハロウィンが近くなるとアトランタのライブハウスに表れては人々を恐怖に陥れるというこの5人組(人、という表記がもはや正しいかさえもわからない)は2004年レコーディングを開始し2008年にデビューLP『 Death From beyond the Grave 』をBLACK LIPSのレーベルであるDie Slaughterhaus Recordsよりリリース。

BLACK LIPSで聞くのとは違うJaredが発する呻き声のような低音、まるで昔のホラー映画を観てるようなJoeが弾くオカルティックなキーボードの音色、レコードの針を落とした瞬間部屋に飛び交うような歪んだテルミンの音。どこをどうとっても本格的に不吉でスペクトルで不穏なサウンド。なのにゴスっぽさは不思議と皆無。それは、このバンドの核(首謀?)である(と思う)ヴォーカルのColeが、アジアや中東辺境の仏教、音楽にものすごく精通した人であるからなように思う。
このTHE SPOOKSだけじゃなく、彼のソロの音源やMVもみるとそれが顕著に表れてると思うが(因みに南部ジャグバンド等への造詣がとくに深いのも彼。だけに近年実現したLonnie Holleyとの共演は心温まるようなものがあった。)西海岸スケーターシーンにもクロスしてるとは思うけど、太陽のようにカラッとしたようなあちらに反して、この人の場合はとにかくインテンスでディープでドープ。
Rob`s House Recordsから2006年にリリースされたATLAS SOUNDとのSPLITに収録されているOld Cole King Younger名義の「Full Moon」なんかはまさにソレ。

表記されると、とかくセンセーショナルになりがちで、それが嫌でバカバカしくやってるように見せてるけど、この人達はけっこう社会を冷視、風刺してると思う。もう多くは言及しないけど(とても繊細で難しい問題)それは「Veni Vidi Vici」。BLACK LIPSでも表れていると思う。


銘品名がちがう。

最近は吸い殻も道端から減った。クリーンな日本。
  
人間だけじゃなく不可知に対してをも向けたようなこのサウンドをレコードプレスで出してしまうと
いう所にもこだわりを感じるが、なんとジャケットとMVも3D使用!




レコード頼んで3D眼鏡がついて来たの初めて。いつも親切に対応してくれて仕事も早いので言う事ないんだけど、今回のこの荷物すごく強いきつめの香りが染みついてて、音源と共に少し中てられてしまった。

ドキドキ。

blue side

red side



               ちょっとよくは解りずらいかも。




で、3DMVはこちら。このMVを作った人がTHE KIWI'SのAdam Bruneauという人で、自身のバンドのMVは勿論、今作のツアービデオも公開してるし、ちょっと雰囲気が違う所で、DEERHUNTERの「Cover Me Slowly」「Microcastle」のMVなんかもこの人の作品。全体的にアニメーションが得意みたい。


 
メンバーによると『 Death From beyond the Grave 』のA面が実際のレコードで、B面は四つの異なるレコーディングで録音された単なるボーナストラック、との事。確かに音のクリアさはA面のが際立っているけど、B面の生のドシャドシャ感、ガレージ感もBLACK LIPSが好きな人は絶対気に入ると思う。あとB面の最後には“BTOのメンバーが肉体に還ってきた”という「Taking Care of Business」のカヴァー(と書いちゃう)も収録。


まるで誰かがつまみをあげたみたいにいきなり音量があがったり、彼らのサウンドに必須の酩酊するかのようなサイケ感、アシッド感は全体に漂ってるけど、ロウアーな出自の為か自分の耳には何故かこの音楽がとても心地良い。そんな私の一番のお気に入りは…、日本のゲーム音楽のコンポーザーの名前が楽曲名の「Koji Kondo」なんかは違う意味でも燻られるものがあるし、全曲好きで甲乙つけがたいけど、やっぱり「California Boys」かな。ちょうどKISSを更に半音下げたような感じのポップ。
      





ハロウィンて個人的に豆まきのように家でひっそり行うものだと思ってたから、近年の日本の絢爛たるさには驚きを隠せない。

因みに彼らが推奨するこのレコードの聴き方は「キャンドルを沢山燃やして、パンツを脱いで聴いて下さい。…可能なら。」らしい。

ハロウィンに浮きたつ今の日本でも、多分誰もしないと思ふ。


0 件のコメント:

コメントを投稿