2013年9月21日土曜日

Used to be


 古い   
                   new         

                                                         あたらしい
       old
    




古いものが好きだなぁ、と思う。

それも、ただ単に“古いから良い” という物じゃなくて、多少、綻びがあっても色が褪せてしまっていても 「モノとしての重み」 を感じさせてくれるもの。

たまに出逢うそういうモノの中には、“実用性”や“利便性”は度外視されて作られたんだろな~、って思う物もあるのだけど、そう思いながら迷わず持って帰ってしまう。

ただ在るだけで良いの。毎日が楽しくなるから。



イイ女
itimhttp://itimitimi.com/pc/

最近お気に入りの古着屋さん二軒。一軒目はItimi。Blogのセンスがよくって(のってた音楽も!)訪ねてみたら「やっぱりな。」ちょっと気が抜ける雰囲気醸し出しつつ“可愛いけど、グロイ”の世界。
これは、ちょっとでもオーヴァーしすぎると“ダサい”か完璧なゴス、デコラになっちゃう。
店主の審美眼やね。そういう「仕事」ができる人、惚れぼれしちゃいます。
しかも、妊娠中のめっちゃイイ女。戸川純がスキなんだって。
ハスキーボイスで「また、おいで。」って言われて、また行っちゃうのでした。


堀江界隈は、昔に比べてだいぶお店が少なくなったけど、淘汰された感漂う今のがむしろ、自分にとって、散策するには最適なスポットなのかもしれない。ギャラリーPulp http://pulpspace.org/ Flake records naichichiも関西エリアでは堀江にしかないし、Clomboがある博労町とかも歩いていけるし、とにかく大阪では一番好きなエリア。最近、出来てないけど、夕方に堀江公園でボーっとするのもスキ。

                                   Rum http://rumbullion.seesaa.net/

この子のママもHoleがスキなんだって


場所も変って、次はグッとメンズライクに寄ったお店。
なんといってもカセットテープ!!
そうそう、こういう事やねん!と思わずショウケース見て頷いてしまいました。
“音楽だけ”も“ファッションだけ”も絶対駄目。
でも感覚や、総ては繋がってると思う。

例えば「サイケデリック」という言葉を聞くと安直に「カラフル」を連想する、というのも1つだと思うし。
パブリックイメージに関しては、“そういうの覆したい!派”ではあるけども。

挟まってる店主を激写

Tシャツのデザインもしてる

 オーナーの泉さんとは、だいたい音楽の話しかしていない。
ZINEも「見たい!」と言ってくださったので、気恥ずかしいけどもお渡しする。
そしたら、ブログにも載せてくれてました。http://rumbullion.seesaa.net/index-2.html
大方三年前程?のZINEだけど「無断転載禁止」とか書いてた事に自分でも唖然。
多分、転売事件(そのままの通り、無料でお渡しした筈のZINEが、探してくれていた希有な人に転売されていたという悲しい事実)というのがあって、心が更に頑なになってたんだと思ふ。
いやー、無断転載とかどの口がいうか。この口が言ったんだなぁ、と反省。


大人買いしてやろう、と思った

Rumは昔の自分の部屋によく似てる。
ちょっとガレージみたいな、粗野な空気もあって。
泉さんとは年齢も家も近いから、全然知らんかったくせに旧知の仲のようにお話しできる。
だから昔の時分の話を巻き返して「昔はPIXIESとかBREEDERS、ポップすぎる!って思ってたんですよ~。NIRVANAもヘヴィーな時が一番スキで。」って言ったら、泉さんは「僕は逆にNIRVANA重たすぎて当時ダメでした!後になってスキになったけど。」って話とかできて。
音楽の話する友達がいなくて、そのウップンを音楽雑誌に投稿で晴らしてた少女時代にお友達になりたかった。
その話もしたら「男みたいっスね。」いただきました。


これ以上増えたら、花瓶狂

情けない事に「全部買います!」っていう大人買いはできなかった自宅でも花瓶。
花も好きなんだけど、これだけでもいい感じ。
ここにさすのは、何の花がいいかな?と思案するばかりで(たのしい)。


まぁ、でも外でノビノビ咲いてる花もスキかな。とか思ったり。

こんなとこに植えられてるけど、タフ。




学生時代は、こういう古着屋さんの匂いとか空気に触れて、いつも聴いてる音楽の場所を想像してた。 今でも、それは自分のベースになってると思う。

良かったら、行ってみてくださいね。


0 件のコメント:

コメントを投稿