2013年9月9日月曜日

Balkans


DEERHUNTERに新しく加入したFrankie Broylesがフロントを務めてたバンド。昨年にLOTUS PLAZAのliveでFrankieに会った時は既にBALKANSは活動休止してて、西海岸のツアーでは、MIRROR MODEと並んでソロとで前座をしてたのだけど、私が行ったDCの公演では観る事は叶わなかった。実はこの時既に「DEERHUNTERの新しいアルバムのレコーディングが12月に始まるよ。」ってLockettから聞いてて、LOTUSのツアーで新曲として披露してた「The Missing」も「もしかしたらDEERHUNTERとして発表するかもしれない。」という事も聞いてた(そしてやっぱそうなった)。この一曲は本当にLockett節がめちゃくちゃ炸裂してるというか、一発で彼の曲だとわかるのだけど『MONOMANIA』というアルバムに組み込まれると、不思議と全体に馴染むというか自然な流れを魅せるから、BradfordとLockettの調和(緩和とも言えるかもしれない)、バランスがDEERHUNTERというバンドの魅力の1つだと、改めて実感する。

話がまた脱線した。DEERHUNTER界隈は一に音楽、二に音楽のThurston Mooreを凌ぐんじゃないかって位、本当に課外活動も多い。DEERHUNTER自体もすごいアクティブにツアーをこなしてるし、以前に「オーヴァーワークじゃないですか?」って聞いたら「でも、これが普通かも。」みたいなノリだった。もう、最高です。でも文章に纏めるには、とっちらかっちゃうので大変。そう、今回はBALKANS。


BALKANSは2008年に高校の同級生四人でATLANTAにて結成。2011にセルフタイトル『BALKANS』をDouble phantom recordsからリリースし、活動休止。Frankieはソロとして活動する一方で同郷バンドCARNIVORESのメンバーとCARMENというノイズバンドを組んだりBradfordとColeのユニットGHETTO CROSS(たまにLockettがベースしてます)でドラムを叩いたり、もう調べたら次へ次へと出てくるわ。ヴォーカルをはじめ、楽器もドラム、ギターに留まらずDEERHUNTERのステージではヴァイオリンまで披露していて、若くしてその多才なマルチプレイヤーっぷりを発揮。

Dotsのおそろいが可愛いと思ったり。

その才能あってか否か、DEERHUNTERの前にBALKANS自体もけっこう評価が高かったように思う。“STROKESのロックンロールリヴァイヴァル”に直結したようなサウンド(の為NMEには”今は一体いつの時代だよ!”と酷評もされてたがViceからは絶賛)でシンプルだけど、なにぶんメンバー全員が若い為か、若さゆえの甘酸っぱさや疾走感がサウンドに滲み出てるのがとても良い。「Dressed In Black」なんかはたしかにモロSTROKESって感じもするのだが、7"でも発売された「Evita V」はドラミングやギターリフが、ARCTIC MONKEYSなんかも彷彿として面白い。そしてなんといっても、Frankieの硬質なのにエモ-ショナブルなヴォーカルが素晴らしい。
解散後に激ハマってます。

中でも音源化されていない(とてもとても残念!直訴しても無理っぽいなぁ)「Slow Return」という曲とMVが最高で、タイムラグは承知で個人的に今年観たMVの中では5本の指に入る位秀逸。




ところで“BALKANS”というバンド名はどこから来たんだろう?
メンバーのオリジナルブラッディかな?(例えばBradfordだったらイタリア系でLockettならロシア系、Mosesはコリアンとアメリカンのダブルブラッディ)と色々、考えを巡らせた結果、THE CLEANの楽曲名からとってるんじゃないか?というのが自分の中で有力説であります。
全部勝手な憶測ですが。この辺は、機会があれば本人に聞いてみようって事で。
あとBALKANSについて“サエナイ男子がバンドを組んでこうなった”的な紹介文を見た事があって、いや、言いたい事はよくわかるんだけど、実際にFrankieと至近距離で対面した自分としては、この人がさえなかったら他の人類はどうなるのか。って位美貌の持ち主でした。


BALKANSのliveにはBradfordも客演。このカツラは今被ってるのとは違うやつみたいだけど、長さがどんどん短くなってってるね。Bradfordが多分自分でカッティングしてんだね。



HOLLOW STARSとジャムって遊ぶ。

ちなみにBALKANS「Let you have it」のMVにはLOTUS PLAZAのギターDan Wakefield(今はどうかわからないけどFrankieのシェアメイトでもある)が友情出演。ATLANTAのミュージックシーン。楽しすぎて益々見逃せないっす。


0 件のコメント:

コメントを投稿