2013年8月28日水曜日

ATP Curated by DEERHUNTER④


ATPから最早二ヶ月経ってますが、シレっと更新いたします。
というか、ブログでATPを書くのは次の回で最後にして、あとはZINEに纏めようと思います。
もちろんブログでも色々書きたかったり、載せたい写真はたくさんあるんですけど、日本に帰ってきてからも時間軸を曲げて、ずっとあの地にひっぱられてる気がするし(まだイギリス時間が身体に残ってるらしく夜中に目が覚める)、そうなるとどんどん思いの丈も深くなってきて、これはもはやZINEにするしかあるまい。となったわけです(ZINEに興味なくて写真とかだけでも楽しみにしてくれてた人いたらごめんなさい)。

という事で、私が観てきた、感じてきたATPの続きは【MONOLITH vol.7】でヨロシクどーぞ。
 
身も蓋もない言い方だけど、二ヶ月ブログを放置してた間に、臨場感のある貴重な動画がyou tubeで沢山アップされてて、そちらのほうが多くの人には解りやすい事かと思うのでブログはありがたくそちらより拝借させてもらいました。




BREEDERS                  
stage1 9.15-10.30                     perform Last Splash!!!
   
かなり前に作ってたこのレイアウトだけは気に行ってるのでそのまま使う。

90年代ど真ん中。が自分的音楽ルーツなわけなんだが、BREEDERSに関してのスタンスはNIRVANAやS.Jonezを介して知って、いわゆる後追い。なお且つ当時は、オルタナ全盛期で特別彼らだけをディグらなかった事もあり、ハッキシ言って今の方が全然聴いてる(すみません)。
でも、なんだかんだBREEDERS界隈は連鎖してるので、直結的に熱狂してなかった私でも、こうしてステージを目前にすると、幼かった当時の記憶が走馬灯のように蘇ってきた。 

身体的に時差ぼけで浮遊感たっぷりとややアシッドな事もあり、気を抜くとメランコリックに耽ってしまふ。いかんいかん、と思いつつ写真を撮るため最前列へレッツラゴ-。年齢層はやっぱし高い!なんてことは全くなくて、私の隣には20代と思わしき可愛い感じの白人のお嬢さんが既に待機していた。ステージを見つめる瞳やフェンスをギュっと握りしめてる手からすごくワクワクしてるのがこちらにも伝わってくる。もちろんDEERHUNTERのFANが圧倒的に多かったんだろうけど、みんなこのバンドも「目撃したい」という心持ちもあったように思う。ここらへんに世代感問わず愛されてるBREEDERSのポップ性見たり。期待感マックスの会場にBREEDERS登場! 

オープニングは「Shocker In Gloomtown」!のっけから奔放で溌剌なプレイに会場大盛り上がり!すっっっごく寒いイギリスの地で自分の体感温度がいよいよグッと高まるのを感じる。Kim Dealは昔に比べてお餅のように、プ~っと二倍位膨らんでたけど、豪傑で天真爛漫なキャラクターは健在。整容とは真逆なんだけれど溢れんばかりの笑顔でギターをかき鳴らす姿がとっても可愛いかった!Kellyは着てるモノも雰囲気も昔と変わらずKimを小粒にして愛らしくした感じ。BREEDERSのリズムセクションのキモであるJim Macphersonも、控え目にはにかんだ笑顔が素敵なおじさまに変貌していた。               

お餅のようにっ!
                                     
                                       そしてなんといっても Josephine Wiggs!!!


   

Experience!と続きたい所だけど、そう思わず口を突いてしまいそうになる程、現在の彼女も当時と見紛うような美しさだった!けして派手ではないが、このクールビューチーさでベースブンブン弾いちゃう辺りがマジでツボ。

再現liveなので構成自体は20周年の記念に発売された『LSXX…』と全く同じなのだが、音源で聴いてたよりはるかにクリアでダイナミックなサウンド。何よりメンバー全員が身体と五感を目いっぱいフルに使い、楽しんでのびのびとプレイしてる事が伝わってきた。途中Kimの提案でJosephineとJimがパートチェンジして演奏したりと、バンドとしては色々あっただろうけど現在はメンバー間の空気もとてもヘルシーなものなんだと感じた。とにかく今までこんなに演者と聴衆が一体となって「歓喜」したliveは経験した事ない!特にDistroted Micが設置された瞬間の興奮の高まりは目に見えるよう。「Cannon ball」はギターリフもヴォーカルもグルーブもポップでエッジィな彼らの代表的なナンバーだけども、ドラッギーな空気は微塵もなく、この日の演奏には生命賛歌のような冴えた高らかささえ感じた。

DrummerなJosephine♥

ステージでは、ほぼMCがなく、持ち時間の総てを演奏に費やしたBREEDERS。本人たちも感極まったのか、終盤にKimが「このアルバムはサンフランシスコでレコーディングしたの…。」と言いながら声を詰まらせた時には、その笑顔の皺がグッと深くなったような気がした。今改めて振り返っても、歴史的な瞬間に立ち会えたのだと実感している。


でも、そんなおセンチはすぐぶっ飛んだのかKimが「私達にもっとプレイする時間を頂戴!!!」とか言い出して、これには舞台裾で観てたBradfordも慌てて「ダメダメダメ!」と手を振りながらあたふたしてた。そのまま「ステージに出てきなさいよ!」と言われ引っ張り出される形でBradfordもステージに登場。「Saints」のイントロになだれ込む。喧々囂々な先輩達の中で少し小さくなってセンターに立つBradfordは、いつもステージで見かけるBradford Coxではなくて、音楽が大好きな1人の少年のようにも見えた。




0 件のコメント:

コメントを投稿