2013年7月6日土曜日

ATP curated by DEERHUNTER ③


 ATLAS SOUND
    stage1 5:30-6:15



ATLAS SOUNDを観るのは日本で観たのを併せて今回二回目。最前狙って四時位に向かったけど、フェンス前はもう待機してる人達でいっぱいだった。なんとかカメラをズームして写せるかな?って位のギリギリ右側の場所をキープ。隣の人を見るとピンクのカツラをかぶってワンピースを着たひげの生えたおじさんだった。集中して観れるンかな、このlive、とか思いながら待ってるとBradfordがステージに登場!しかも今回はシンセのセットだ!東京ではシンセでプレイしてたみたいだけど、過去のATPの映像も私が観たステージもギターセットでこれは念願叶ったり!

ATLAS SOUNDはこれまでギター1本で教会でプレイしたり、舞踊のパフォーマーとコラボしたり、コンテンポラリーアート的なショウをプレイしてて、音のループは確かにサイケでドラッギーなんだけど、同時にピュアネスを蒸留したかのような透き通った清らかさや静謐な印象も持ってた。DEERHUNTERに続きATLAS SOUNDでも黒のかつらと衣装を着用。今期の彼のテーマのなのか、今までの心象とガラッと変わる。 



音はこれまで観たのより格段にスペーシーなシンセサウンドでギターは殆ど弾いてなかったんじゃないかな。「Walk About」や「Shelia」など人気の曲も出し惜しみなく、観客の歓声もヒートアップしていく。「Shelia」は初めて生で聞いて、イントロ聞いただけで感動したんだけど「Walk About」は前回聞いた時とは、はっきし言って全く違う!ボーカルのとり方がまず全然違うというか、声も機械でループさせてるんだけど、Bradford自身の地声でもループさせてるみたい。ものすごいダークサイド目撃した感じ。曲自体は同じはずなのにこうも変えられるもんなのか!?って思ったし、全体的にすごく不穏な空気を孕んでいた。この歪なサウンドと時差ボケもあって倒れそう。演奏中しっかり手元にセットリストは置いていたけど、ATLAS SOUNDとDEERHUNTERとの明確な違いって即興とそうじゃないって所?DEERHUNTERはクラウトっぽいしノイジーな演奏だけども決して、インプロビゼーションじゃないように観えるし、バンド全体でそれを許さないというか妥協しない感じが毎回観る度にする。よく「もう一回最初から!」ってやってるし。

MCは「来てくれてありがとう!」といつものにこやかな彼でホッとした。


ATLAS SOUNDが終ってここでもう1つの楽しみ。アイリッシュビールでものもう!っと思って会場内のバースタンドへ。そこであったのがATPスタッフのTracy!
「私初めて飲むんですけどどのビールがお勧めですか?」ってたまたま隣にいた彼女に聞いたら「私ビールはお腹いたくなるから、飲めないの。だからわからなくてごめんね。でも、あなたなんて名前?」すごい陽気な人だな、かわいいな、と思いながら「ナホっていいます。」と答えると「私はトレーシー!楽しみましょうね!」って言ってくれて、それから私を見かける度に「ナホ!」って笑顔で手を振ってくれた。ずっと1人で行動していたので、彼女の笑顔にはすごく励まされた気がする。やっぱり言葉も違うし、皆はカップルで来てたりするから、知らず知らず孤独も感じていたのかもしれない。聞けば彼女もスコティッシュだそうだ。スコットランド、改めて行きたいなぁ。



後方はこんな感じでみんな寝っ転がってる。私もビールこぼしたくないし座ってCAVERN OF ANTI-MATTER観てたら、Lockettが目の前を通過したので、慌てて声をかける。「こんにちは!」って言うとめっちゃ驚いて「11月には日本に行くのに!」って感じだったけどすぐにハグしてくれた。Lockettはすごくお兄ちゃん気質で、海外に私が1人でこうやってくると「心配!」ってなってるようだ。せっかくなんで自分の働いてるお店のお土産とZINEを託そうとLockettにこの時渡したのだが、JoshやFrankieにも、って言ったらとても嬉しそうだった。年長者のJoshはともかく、若いFrankieの事は弟みたいに可愛がってるんじゃないのかなぁ、と予測。アルバムのジャケットも弟のフォトグラフ使ってたし。二人でしばらくショウを観た後「もうそろそろ行かないと行けないけど、楽しんでね。また、会おう。」っと言って去って行きました。またLOTUS PLAZA観たいなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿