2012年8月5日日曜日

Yum-Yum DC☆2


Rock And Roll Hotelがある H Street 夜は少し危険かも

アメリカに着いた当日にエチオピア料理を堪能し、Mikaちゃんのお家に帰ってパソコンを借りた私。Facebookを開くとLotus Plazaからメッセージが届いてました。「Mikaちゃん、Lockettからメッセージが届いてるよ~。」と私がのんびり言うとMikaちゃんビックリ。「わー!すごい!なほこリストにいれたからチケット買わなくていいよ!って書いてるよ~。私インタビューとかほんまにできるん?と正直思っててん。」そうそう、Lockettには日本で何回かあってるけど、私の英語力では音楽に関して聞きとる事も、伝える事もまだまだ不足しているので、アメリカに行く前にMikaちゃんに通訳もお願いしていたのです。会場であるRock And Roll Hotelはマリファナ・未成年の飲酒・食べものの持ち込みなど、とてもセキュリティの厳しいlivehouseらしく、私はZINE以外に日本のお菓子や食べものをわんさか持っていってたのでMikaちゃんからしたらそうとう無謀に見えてたにちがいない。しかし、このLockettからのメッセージを見てMikaちゃんの私への不安も払拭され、俄然やる気になってくれたと思う。チケットはもう既に購入していたけど、いつも温かい心遣いに感謝してます。



I'm grateful for your wonderful message.

liveの前日の夜にLockettからのメッセージで興奮した私達は当日の予定をたてよう!と話を始めた。しかしなぜか最終的に話は政治、社会保障、制度、雇用に関して拡がっており、2人で深夜まで熱くディスカッションしていた(なんと色気のない私達。しかしMikaちゃんにはLovelyなパートナーがいる!)。日本もアメリカも、本当に色んな事があって、生きてる限り考える事は尽きないわけだけど、こうして一緒に考えたり意見を言い合える友人がいるという事は、私はとても幸福な事だと思う。そんな事を考えながらお昼の一時まで、私爆睡。


Mikaちゃん!ごめん!と寝すぎた事をお詫びすると「全然良いよ~。昨日着いたばかりで休む事が必要だったんだよ。」とMikaちゃん。昨日のエチオピア料理もまだたくさん残ってるのに、なほこには好きなもの食べさせてあげたい、と色々食事にも気を遣ってくれた。本当に感謝。お昼まで寝こけてたくせにこんなん言うのもなんだけど、起きてからはLotus Plazaのliveがついに今日見れるのかと思うと、緊張と興奮で食欲はあまり湧かなかった。Mikaちゃんに素直にそう伝えると出してくれたのがこのGreek Yogurt!
昨日のエチオピア料理も美味しかったけど、このヨーグルトには感動すらした!
クリームチーズのようなこってり感のヨーグルトでそのままでも美味しいし、はちみつをかけたらそれだけで立派なスウィーツ。ヴェジタリアンの人がラザニアなどの料理にも使うらしいけど、その美味しさ想像できる!これ日本に大々的に上陸したらそうとうヒットすると思う。自分用とみんなへのお土産にしたかった~。ただこのグリークヨーグルト、帰国してから調べたら日本でも入手可能みたい。今から早速チェックします。


写真はOKな所とNGな所もあるのでしっかり確認してください。

お昼過ぎに家を出発し、夕方までスミソニアンに連れて行ってもらった。すごくショートステイだったのでLotus Plazaのlive以外はあきらめていたけど、Mikaちゃんのナビのおかげで無理もなく、それでいてピンポイントに観光名所をたくさん廻る事ができた。広大なスミソニアンではMikaちゃんと別行動して沢山写真もとり大事な人達へのお土産も少し買う事ができた。Lotus Plazaのliveにそのまま行くのであまり荷物になる物は買えなかったけど、小さい頃からずっと好きなAndy Warholの画集は自分用に買った。Andy Warholは日本でもポピュラーだし、何冊も持っているのだけれどこれをここで買わなければ後悔する!と思ったので買った。その選択は正しかったなぁ、と今でも満足している。
そしていよいよ地下鉄に乗ってlive会場のあるH Streetに移動!

Metro rail

esprreso & wine

【SOVA】

1359 H Street - NE, Washington DC - (202) 397-3080





無事Rock And Roll Hotelに到着。それからの事はZINEに書きますね。そしてliveの時間までまだまだ時間があるし何か食べようか?となった私達。Rock And Roll Hotelの並びに有名なパイ屋さんがあったみたいなんだけど、私はちょっとこちらのお店が気になったのでこちらで休むことにしました。この日は小雨がぱらつきあいにくの天気だったのだけれど、外の景色が見渡せるすごく大きな出窓に惹かれました。

I relife by chinese hot tea.

Blogに書いていい?と言ったら、勿論!と言ってめっちゃ喜んでくれた。Very Cute People! 

ドリンクの種類も多くて、私がなにより嬉しかったのは温かいお茶!迷わずジャスミンティーを注文!アメリカってお茶に砂糖いれたりするんですよね。グリーンティーが甘くて、それはそれで美味しいんだけどちょっと身体はビックリしてた感じ。あと出発前はDCの気温40度だって!と聞いてたのに現地についたら雨降りで予想に反して寒い。熱いお茶が五臓六腑に沁みわたる。Mikaちゃんと2人で新聞読みながらお茶とパニー二とベーグルで軽食。因みに店内で流れていたBGMはRadioheadだった。期待と緊張の中で素敵な時間を過ごした。ここもまた訪れたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿