2012年8月5日日曜日

Yum-Yum D.C♥ 1

週末に農家さん達が開くフードマーケット。新鮮な野菜や果物ばかりで主婦としてめちゃ興奮しました。買わなかったけど。

アメリカでの食事に関して、日本から発つ前は色んな人に「アメリカのご飯美味しくないよ~。」と聞いていた。正直、自分でなんでも経験してみないと気がすまない性質もあって、聞くだけでは今一つピンとはこなかった。日本でも地域の土や気候によって、獲れる物や味付けも違うのだから、ひとえに 【アメリカの食事】 と言われても、日本よりはるかに広大な領土の国であるから、単純に考えて日本より風土独特の味が多い筈、とも言えるわけで。私が今回目指したワシントンDCはアメリカの首都ではあるけれど、どこの洲にも属さない都市。ヴァージニア洲とメリーランド洲の二つの洲がかかっていて、メリーランド洲の方は海が近くCrab cakeが有名だけど、私が訪れたのはヴァージニア洲よりの地域であった。旅の楽しみの1つ、食事。今回縁があって Washington DC を訪れる事ができたわけですが、本音を言うと日本のガイドブックに載っていない、地域密着の味(というか暮らし)、を見てみたかったのでその念願が運よく叶った旅でもありました。
結論からいうと、とても美味しい旅だった!!!
これはもう本当に、日本に住んでた事があって現地でホストしてくれた友人のMikaちゃんのおかげ。日本に帰ってきても、DCで食べた食事が忘れられません!
だからせっかくなので私が連れっていってもらったお店の写真や情報をアップしようかと思います。

ただし、絶対忘れてほしくない事は、私が現地の友人と一緒だった、と言う事です。はっきし言って日本人には全く会いませんでしたし、この地域の店員さんやドライバーさんには「チャイニーズ?タイランド?」とよく言われました。3日間DCにいて私自身、危険な空気を感じる事はありませんでしたが、このエリアを自分1人で探索するのは絶対無理!と今でも断言できます(これは地理的な問題も含みますが)。もし、現地を日本人同士で訪れるなら、日本とは安全度がまったく違う、という事を頭に叩き込んで、明るい御昼間、ランチに行かれる事をお勧めします。
楽しい食事の話の前になんと物騒な、と思われるかもしれませんが最も重要な事だともおもいますので記しておきますね。



Ethiopian Restaurant 【Etete】

1942 9th St NW
(between N T St & N Florida Ave) 
WashingtonDC 20001
Neighborhood: U Street Corridor
 http://www.eteterestaurant.com/


Washington DCはとにかくエチオピア人が多かった。みかけた労働者は全員エチオピア人だったといっても過言ではない位。だからエチオピア食材のスーパーやレストランも必然的に多く、特にこの【Etete】というお店はDCでも[100ベストレストラン]にランクインしているレストラン。Mikaちゃん自身が以前ヴェジタリアンのお友達と来て「とても美味しかったからなほこも是非連れて行ってあげたい!」とDCに到着した日に地下鉄に乗ってつれて行ってくれました。
お店はU Streetという道の近くで(このStreetも果てしなく長いんで目印にはならないんですけど)こじんまりとした可愛い佇まい。入口をジェントルなエチオピアンのおじさまにあけていただき、階段ですぐ二階へ。レストラン自体がこじんまりしているので、敷地は広くはないけど、テーブルとテーブルの間はゆったりと適度にあいていたので、Mikaちゃんと2人で気兼ねなく食事を楽しむ事ができました。フロアの窓際には小さなステージもあって、エチオピアの民族楽器やテーブルが置かれていた。運が良ければ演奏を見ながら食事する事ができるらしい。故郷を離れてきたエチオピア人にとっても憩いの場所になっている事を想像する。

で、料理は上の写真の「インジェラ」というクレープ記事のようなパンに「ドロ ワット」という煮込みを巻いて食べるのが主流。私達がオーダーしたのは、中央のが牛肉の煮込み、周囲においてあるのがそれぞれ豆とか野菜の煮込みだったり、マリネだったり。インジェラはオーダーした料理についてくるので、このプレート以外の別皿にたくさん巻物のような形でスタンバイされています。
インジェラは食感はクレープに似てて少し酸味があります。見た目は日本にもあるそば粉のクレープ、ガレットみたいな感じ。この酸味は「テフ粉」というエチオピアで採れる粉を発酵させる事から出来るらしくて、この酸味が口に合わない人もいらっしゃるみたいなんだけど、私は本当にもう大好きな味でした!日本に帰ってきてすぐまたインジェラが食べたくなって、テフ粉を探したけど日本にはないみたい…。エチオピア料理のお店もすごく少ないし…I miss injera。
このドロワットもそれぞれがめちゃおいしい!牛肉もジューシーで味付けはトマトと少しのスパイスって感じであっさりしていたし、他の豆や野菜の煮込みもすごく繊細な味付けでした。脂っこくもなく日本人は絶対好きな味付けだと思います。「サモサ」というレンズ豆のペーストを詰めてあげたものボリューミーだけどほくほくして、飽きない美味しさでした。たんぱくな白身魚のフライもシンプルに塩でいただき、すごくそれぞれ堪能させていただけました。しかしこの量、とうぜんだけどなんぼ美味しくて感動はしてても、お腹はいっぱいで全部食べきれない。ちょっとしたパーティーのように見えなくもないメニュー。ドリンクも疲れてたのでお酒は頼まずコーラを頼んだら日本の規格とは違うLARGE SIZE。慌ててMikaちゃんの方を見たら「これが普通サイズだよ~。」との事。うひ~、と思っていたけど「でもアメリカは全部Take Outだよ!持って帰ろう。」との事でホッとしました。しかも4~5人で食べれそうな程頼んで$50と安い。店員のお姉さんも愛想よく、色々質問したけど面倒がらずサービスしてくれた。野菜のメニューが多いのも嬉しい。Nice Restaurant!また行きたい~!








                                                 I met Beautiful Strangers!

0 件のコメント:

コメントを投稿