2011年12月30日金曜日

『装苑』2月号・林央子さんが考察するガ-リ-カルチャー



蒼井優さんが表紙の『装苑』今月号の78頁、「林央子さんが考察するガーリーカルチャー」の中でなんとQUICKCANALのZINEをご紹介していただいてます!しかも同じ頁には野中モモさん翻訳の『ガール・ジン』や、林さんが対談されたばかりのアーティスト、谷口真人さん、CDのアートワークや雑誌のイラストは勿論、御自身で執筆もされて幅広くご活躍されている小林エリカさんも一緒に掲載されていて深く感激しております。Her Gohst Friendもとても気になっていたバンドですし、石原海さんのブログも、この頁がキッカケで知る事ができました!

もし、林さんがディレクションされた『BABY GENERATION』が90年代に無かったら、私は今こうやって物を作ったり書いたりしていなかったかもしれません。当時の私は女の子なのに、写真やアートや音楽が好きで、勿論服も大好きで、でもそれは総て自分の精神を反映した物達、なのだけれど周囲にはなかなか理解されなかった。好きな物達を言葉にする事は私自身には、とてもムツカシク、うまく伝えれない自分にコンプレックスを、歯がゆさを送り続ける日々でした。だから『BABY GENERATION』で紹介された人達には、本当に心が掬われたし、勇気をもらえた気がします。私は音楽が大好きなので、SONIC YOUTHは勿論知っていたしミュージシャンとしてのKim Gordonは日本でも広く知られていたけど、アートにおける分野、アーティストとしてのKim Gordon、更には女性として生きるKim Gordon、をフォーカスしたのは林央子さんであって、だから、ほんともう私の原点にいられるような方なのです。林さんが書かれた最新作『拡張するファッション』でも、彼女たちが
フューチャーされていますが、対象となるアーティスト達を、編集者として冷静に見つめる中に、暖かく優しい眼差しがあって、それはインタビューを受けているアーティスト達からも感じられ、信頼されているのだなぁ、と思います。

当時子供でしたが、現役女子高生だったHIROMIXさんにも衝撃を受けたものです。その衝撃が現在も進行して続いているなんて、本当にとても素敵なこと。「ガーリー」っていうのは既存のステレオタイプの「女の子らしさ」とは違って、男の人の中にも多くあるし、今とても活性化している言葉なんだと感じます。ほぼ同時期に起こった「ライオットガール・ムーブメント」についても、私自身もシングルマザーなので、おなじ頁にある野中モモさん翻訳の『ガール・ジン』についての社会における女性像も、これを機にどんどん読まれて広く理解される事を願っています。

すごく思いのたけを書きばしってしまいましたが、「林央子さんが考察するガーリーカルチャー」の頁に、少しだけでも私のZINEが仲間入りできたのは本当にうれしい事です!私は本当に「紙」というテクスチャーが大好きで、本の見開きに自分のZINEが載っていた時は本当に感動しました。一生宝物にします。私以外のラインナップも充実していて読み応えたっぷりな一冊ですので『装苑』を見かけたら是非手にとってくださいね!

では、皆様良いお年を。

2011.12.30 
QUICKCANAL 財津

0 件のコメント:

コメントを投稿