2011年9月24日土曜日



新しいZINEが完成しました。『 MONOLITH 』とは趣向が違うビジュアルのみのフルカラーZINEです。『 Sung Attic 』と言います。ここんとこ最近ずっとスケジュールがパンパンで、すぐ堅くなってしまうので自分をリラックスさせる為に、合間合間の時間で制作しました。頭から出来た物じゃなく、直感や思いがけない化学反応で出来上がったZINEで、作る過程も本当に楽しかったです。“私、もともとこういう気持ちで物を作ってたよなぁ”、の再確認。10月に東京でのMOUNT ZINEさんに出展しようかな、と思っています。『 MONOLITH 』の新作にとりかかっていて、完成したらそちらもエントリーしてみたいので、まだ応募は出来てないんですけど…。最悪完成しなかった場合はこちらのZINEだけで出展するかも。フルカラー・B6・P24・価格は500円の予定。このMOUNT ZINEさんの価格設定が500円からなので、『 MONOLITH 』はやっぱり厳しいかなぁ~。ちょっと、悩む所です。

あと東京のMOUNT ZINEは私は直接の参加は残念ながらできませんが、10/2 大阪西九条FLOAT さんでの 大阪ZINE FAIR には直接参加する予定です。

会場のFLOATにまた行ける事も楽しみ。本当に映画のワンシーンのような、素敵な建物とそこに住むお2人(と、猫)。今回は、前回の反省点(とにかく、1人で参加はずっとブースにいないといけないので、飲み物・おやつが必須!ってことを学びました)を活かして、他のコンテンツも楽しみたいです。ZINE以外にフードやクラフト、ライブや色んなワークショップがあるかも??
 
大阪ZINE FAIR    http://osakazinefair.tumblr.com/


写真がわかりづらいですが、ちょっとだけ中身を載せますね。





あまりコンセプトはないまま作り始めましたが、作り進めているうちに思ったのは、とにかく「手触り」を表現したかったのかなぁ?って事。ちょっとざらざらするけど、温かみがある木目だとか、古びたカーペットとか。タイトルどうしようかな?と思ったときに、真っ先に「TOUCH」が浮かんだけど、LOTUS PLAZAの新曲が『 OUT OF TOUCH 』で、『 MONOLITH 』も彼の曲名から拝借してるので、それはやめようと。辞書をパラパラめくってたら、同義語に「FEEL」があったけど、それもなんか違う。もっと洗練されてないものを、と思いついたのが「ATTIC」(=屋根裏)という単語。
私が幼い頃住んでた古い長屋の屋根裏は、すごく光が入ってきて、宙に舞う埃さえ見えるようなところだったんですが(笑)。じんわり懐かしくなって『 Sung Attic 』(日があたる屋根裏)にしました。翻訳は適当だし、見て下さった方が見て感じたまんま、思った通りに解釈してくださっていいので、(歌われた屋根裏)でもいいです。文字は一切書いてないので、MOUNT ZINEの他に並ぶZINEよりも眼劣りするかもしれません。でも、1人でも「良いな」と思ってくれたら嬉しいなぁ、と思います。

『 MONOLITH 』のDEERHUNTERは是非出品したいなぁ。でも価格が400円で、MOUNT ZINEでは500円からしか出展できないので、それなら何かつけて出展しようかなぁ?とか画策中で。
まだ出来てないんですけど、文章的にかける事はまだあるし、新しい『 MONOLITH 』が完成して時間があれば、可能かも?でもあまり、根をつめないように頑張りますね!

自分をリフトアップさせる為にDEERHUNTERのメンバーに着色してみました。もうちょっとスキャン綺麗に色を拾って欲しいなぁ。


『 Sung Attic 』出来てから思ったんですが、ATLAS SOUNDの曲に『 ATTIC LIGHT 』って曲が…。うぅ~ん!自分残念(笑)!でも、まぁ、良いか!そんなゆるさで活動しています(笑)。

上からATLAS SOUND [ ATTIC LIGHT ] LOTUS PLAZA [ OUT OF TOUCH ]

ATLAS SOUNDは10月のリリースがアナウンスされていますね。そちらも併せて秋が楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿