2011年8月23日火曜日

DEERHUNTER AROUND ME summer sonic ver


SUMMER SONIC 2011



前回4ADで来日した時に「夏に日本のフェスで帰ってくるかも。」とメンバーから聞いてはいたものの、DEERHUNTERのSUMMER SONIC出演が公式で発表された時は思わず小躍りしてしまう位嬉しかった!4ADの時も大阪が初日で、スンバらしいステージングだったので「このまま東京まで着いていきたい!」とゴロゴロと自分でキャリーをひいて歩くブラッドフォードとロケットに別れを惜しみつつ(帰りの方向一緒だった)泣く泣く終電で帰宅したのです。よし、なら今回は来日公演全部観よう!って事で東京行きも決めました。DEERHUNTERを初めて観た時に、このバンドは「LIVE BAND」という確信を持った事も、全部の来日公演を観たい!と思った理由の1つでもあるかなぁ、と思います。


8/13 大阪 at 舞洲
8/14 東京 at 幕張

DEERHUNTERはSONIC STAGEでお昼間の13時前後の出演。4ADの時は一番後ろで観たので、今回はロケットのギターワークを眼の前で観たいなぁ、という想いから朝からSONIC最前の右側(ロケットの立ち位置、たま~に左側の場合あり)を動かない作戦に!大阪のSONICしょっぱなはandrop。朝の10時半からの公演だったけど会場はかなり埋まってた。最前列にはほんとに好きな人がいって欲しい、とは常々思っているのでandropの音楽をちゃんと聞くのはこれが初めてだけど、次の行動も考えてアリーナ前方の端で聞かせてもらう事にした。一番最初に聞いた曲はRADWINPSみたいだな、と正直思った。メンバーも若いし、オーディエンスもとにかく若い。キラキラとしたスクリーンと瑞々しい演奏、朝から一緒になって手を挙げ歌う観客。あぁ、なんかこういうの良いなぁ、と思った。憂いだらけの今を一蹴する位の若いパッションというか、音楽は必要とされているなぁ、と漠然と感じた。因みにandropってよく見るなぁ?と思っていたらBEAMSのTシャツにもなってたんですね。初andropは、少しスタイリッシュさも感じつつ清涼感のある夏にピッタリな甘酸っぱいサウンドでした。

そんでそんで、SMITH WESTERNS(初来日なのかな?)とTHE MORNING BENDERSは絶対観るよね!と意気揚々で最前列へ。SMITH WESTERNSはメンバーを真近で観ようと待ち構える女の子のファンが多かった。音源しか記憶になかった私なので、よし!別の意味でも期待大!とじっくり待ち構えてたらメンバー登場。隣の女の子がセッティング中のメンバーの名前をキャーキャー言いながら叫んでいた。出てきたコリン(Vo.G)とキャメロン(Ba)のオオモリ兄弟は2人とも髪で顔が覆われていて、顔自体はあんまりよくわかんなかったけど、メンバー全員がスキニーをはいていてアートスクールに今通ってます!と言われても納得しそうなほど若かった。始まった演奏は、すごく良い!と思った。フワフワとしてポップだけど音もけっこう厚みがあって大きい。演奏で個人的に一番気になったのはドラムで、ずっとドラムの手元を観ていたのだけど、コリンが気だるげに髪をかき上げて、ピアスが時折キラッと光るのも楽曲にマッチしていて印象的だった。RYAN MCGINLEYがSMITH WESTERNSをお気に入りにあげていたが、なるほど、蒼い色気があって、それもよくわかる、と偉そうにも思った。CD持ってなかったけど会場でお買い上げしました。お目当てのバンド以外にも出逢いがあるのってフェスの良い処だよね!次はDEERHUNTERとEXTRAで対バンもするTHE MORNING BENDERS。音源だけ聞くとちょっとレトロチックで可愛すぎる、とも思っていたのだけれど、実際のステージはフェンダーを汗だくでかき鳴らしながらもR&Bを彷彿させるきめの細かいクリスのヴォーカルと、重心が重たくて立体的なエレクトロなサウンドはとても迫力があった。ほぼ全てのソングライティングを担当しているクリスが要のバンドなのは確かなのだけれど、ここでも、時折バッキングヴォーカルをはさみながらコツコツとエレクトロとギターを担当する、クリスの弟のジョンにけっこう眼がいった。

THE MORNING BENDERS終了後、セットチェンジでブラッドフォードが「イエェ~イ!」とか言いながら彼らが連れてきたであろうドラマーのおじさんと登場。もう、それだけで観客もちょっと盛り上がった。ジョシュやモーゼス、ロケットもラフに出てきた。セッティングしながらも名前を呼ぶ声援に投げキスなどをブラッドフォードも返していた。ちょっと手も空いてそうだったし目の前にいたので「ジョシュ~!」と呼んだら「何?」ってなったので「HELLO~!」と返しておきました(笑)。ロケットとブラッドフォードは入念にギターとマイクもチェック。ブラッドフォードはここでも奔放に奇声をあげたりのびのびしていた。ロケットはいつも通りメンバーやスタッフを伺いながら淡々と丁寧にチェックしていた。う~ん、今日はロケットのヴォーカル何曲聞けるかなぁ?とずっとドキドキしながらその様子を観ていた。そうこうしているうちにSONIC STAGEも沢山の人で埋まっていき、期待と熱気が会場に溢れていった。楽しみすぎ!

そして始まった一曲目はやっぱり「DESIRE LINES」!4ADもそうだったけど、やっぱりスターターはこの曲だよね!この曲は元々ロケットのソロのLOTUS PLAZAで披露していた曲だけど(今回通してやらなかった「FOUNTAIN STAIRS」もそう)DEERHUNTERでの形の方がアタックが強くて、終盤のクラウト感もどんどん凄味をましてくるんだよね!派手さはないものの、ミディアムテンポで確実にリフトアップさせられる曲。フェスの大箱では、本人達も慎重に調節していたようにDEERHUNTERの大量のエコーやディレイなど音響的にどうなのかな?と思ったけど、やっぱり前回4ADで観た時より少し大味に感じたのも正直な気持ちだった。でもノイズなのに妙に神聖的なサイケ感とブラッドフォードのマジカルな声にはDEERHUNTERにしか作れない圧巻的な空間だったと思う。これをあと二回も体感できるだなんて…幸せ。と放心しつつも、ライブ終了後、目の前で片付けをしているロケットに「日本に来てくれてありがとうございます!」と言ったら、はにかみながらこっちを見てくれたので「私はあなた達をおいかけます!最終日にプレゼントを渡したいんですがもらってくれますか?」(的ないい加減な英語)と言ったら恥ずかしそうに笑いながら「YES」って言ってくれました!やった!次の日の東京会場でも、やっぱり頑張って最前をはったのでロケットもすぐ見つけてくれて手をふってくれました~(^^)/それにしても今回初めて東京のサマソニも体験したら、キャパもそうだけど同じイベントとは思えない位雲泥の差で、それに一番びっくりしました。大阪のステージではアーティスト達もラフ~にしてるように声援に応えていたけど、東京ではスクリーンもカメラもあるし、ちゃんと「ショウ」という感じでした。SMITH WESTERNSは東京のが力入ってたかなぁ。DEERHUNTERのメンバーも東京では演奏しながらカメラのアングルを気にしていたと思うし。大阪はカメラマンが1人だけだったけど、あの人ミッチ池田さんじゃないかなぁ?最前だと、目の前の露骨に怪訝な顔をしているセキュリティスタッフと対峙しながらも、メンバーやPAさんの色んな表情も捉える事が出来て楽しかったです。とにかく私の周囲にいた皆さん、うるさくてすいませんでした…。





写真はぜーんぶぜーんぶ東京のもの!とにかくCA4LAやマンハッタン、VANSの出店などもあって音楽以外でも楽しい!もうこれからは東京のサマソニにずっと参加したくなりました。ご飯は胸いっぱいで、気がそれちゃったんですが、何にも食べないと脆弱な胃がどんどん弱っていくので、チョコクレープもしゃもしゃしてたら、会場でクリス・チューくんに会いました。日本のチャリティ・コンピのお礼を言ったら、照れくさそうに握手してくれました。すごく透明感がある人。DEERHUNTERをずっと追いかけているので必然的にMORNING BENDERSも追いかけている私。また明日もよろしくおねがいします、と心の中で呟きながら手を振りました。

大阪会場は東京までの移動を考えて、DEERHUNTERが終わったらすぐ出てきてしまったのですが、東京会場ではゆったりと快適に過ごすことができました。それぞれ短かったですがご挨拶させて頂いた皆さん、ありがとうございます。皆さんのおかげで音楽と共に素敵な想い出を作ることができました。友達のゆりちゃん(彼女のレーベルhedgehogrecords北欧好きさん要チェック!)と音楽の話を交えてノンビリお酒を酌み交わしつつ、心はDEERHUNTERに持っていかれたまま、郷愁の思いでSUEDEで終了した今年のサマーソニックでした。

サマーソニック自体に関して思った事を最後に。4ADで声をかけてくれた香川と熊本の男の子2人組。「僕たち大阪に二日参加するんですけどまた会えますか?」と言ってくれてたのに大阪で見つける事出来なかったなぁ。絶対DEERHUNTERに来てると思ったんだけど。車で7時間かけてライブに見に来ている、と言っていた。普段からライブにいくのさえ、金銭的な問題と労力の負担が大きい人達の為に大阪のサマソニはもっと今までの経験を活かして改善できる事があると思う。東京も色々問題はあると思いますが、個人的に大阪~東京を経験して、大阪の積年を東京で晴らした、位まで感じました。私はそういう機会を設ける事ができましたが、沢山のライブ会場を廻れる人なんてほんの一握りだと思います。今回会えなかったけど、地方から出てきた彼らが、少しでも特別な想いで帰路についてくれていたら嬉しいなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿