2011年6月8日水曜日

STANDARD BOOK STOREさんのFANです。

STANDARD BOOK STORE NU茶屋町店さん
 海外のパブリッシングが昔から大好きだった私にとってSTANDARD BOOK STOREさんはとてもかけがえのないお店の1つです。MARK GONZALESやRYAN McGINLEY、STANDARD BOOK STOREさんの店内で出逢った本達はQUICKCANALの活動の起源にあるといっても過言ではありません。私は主にアメリカのアートシーンや音楽に影響を受けたのですが、STANDARD BOOK STOREさんはアメリカだけでなく、アラブやアジアの辺境の本、雑貨もお取り扱いされていて「世界」はまだまだ広いんだなぁ…、いつか自分の足でその地を踏んでみたいなぁ…、と思いを馳せる事ができます。【ここでいきなりですがクエスチョンです】「本を読む」という所作はその人にとってどれほどの行為なのでしょうか?①文章やアートは大好きで観るけど、自分の世界とは全く別次元と客観的に割り切る。②文章やアートを観て自分もそれをした気になる。③文章やアートに突き動かされて思わず外へ飛び出す。あなたはこの三つの選択肢のうちどれでしょうか?「これ以外なんですけど!」という方はQUICKCANALにまた教えてください。そして「本やアートがなくても生きてはいけるよ!」と言う方、その通りです。生物としては「衣・食・住」が最低限あれば生きていけます。でも、私は人間はマニュアルでは生きていけない生物だと思いますし、そんな人生ごめんです。そんなあなたは、是非このSTANDARD BOOK STOREさんに行ってみてください。
店内では→こんな粋なサービスもありますよ。NU 茶屋町店さんでは木漏れ日が入ってくる店内で、心斎橋店さんではGarallyも併設されたcafeです。どちらのお店も美味しいcoffeeとこだわりのfoodを提供されています。あと生活雑貨も充実していて、私も大好きで重宝させていただいています、野田琺瑯さんの琺瑯シリーズも沢山おいています。紙やペンの文房具も勿論、カメラも豊富で、バックパックや自転車まで、アウトドアの入門書と共に、用品もこちらで大かた全てそろいそうです(笑)
でも決して男性だけじゃなく、女性にも楽しめる店内です。実際写真を撮らせていただいたこの日も「この本屋さんすごく可愛い雑貨がいっぱいあるの~!」と女性客の方が仰ってるのを耳にしました。川内 倫子さんの展覧会も行われており、優しい日差しが入るNU 茶屋町店さんにはピッタリ
あっていて素敵でした。



なんだか自分がどれだけ好きか、みたいな紹介文になってしまいすみません…。ついつい夢中になってうっかり書き忘れてしまう所でしたが、このたびQUICKCANALのZINEが、この大好きな場所で売っていただける事になりました!!YEAH!!『MONOLITH vol.2』『MONOLITH vol.3』『LYRICS』を 茶屋町店さんの方でお取り扱いいただいています。まだこの日は納品させて頂いたばかりなので、まだ店内展開はされていませんが、写真なんてグズの素人の私に店内の写真を快く承諾していただきました。ありがとうございます!また店頭に並んだら、そちらの写真も撮らせていただきたいなぁ、と思っています。いまから楽しみです。というわけでQUICKCANAL ZINEお取り扱いは中崎町の素敵本屋さんBooks DANTALIONさんに続き、STANDARD BOOK STORE NU茶屋町店さんも増えました!私のZINE以外にもきっと素敵な出逢いがあると思います!是非、足を運んでみて下さい!


0 件のコメント:

コメントを投稿