2011年5月19日木曜日

5月14日 大阪ZINE FAIRに参加してきました!


西九条@FLOAT 会場の入り口の様子
  西九条、安治川口に沿って建っている古びた建物、FLOAT。この日はその素敵な建物全部をお借りして一階のガレージではZINEの販売、二階のキッチンではフード販売もされていて、そのほかヨガやクラフトやZINEのワークショップもあり、そしてZINEの即売会終了後はLIVE、と盛りだくさんのイベントでした!!!本当に楽しかった★私はZINEの出店で参加していたので、色々見て廻る事があまりできませんでしたが、ZINEの即売会に出たのは初めてで、こんなに沢山の人達が来てくれたんだ!と感動もひとしおでした。写真もこの日はあまり撮影できなくて主催してくれたMIKAとANNAの写真もこの日は撮れずじまいになってしまったけど、改めてこんな機会を設けてくれてありがとう!!!

これは当初のうちのスペース


 さてさて、当日のQUICKCANALはと言いますと、スペースは←こんな感じ。TAKE FREEにペーパー「LUKKA」と家に沢山あったバンドステッカーを持参しました~(やっぱり一番早く無くなりました)。あとは「monolith」と読み物で大好きなDEERHUNTERのギタリスト、ロケットのソロ・プロジェクトLOTUS PLAZAについて書いた「MONOLITH vol.2」とこの大阪ZINE FAIRに向けて作ったZINE「LYRICS」と急遽
NIRVANAについて作ってしまった「MONOLITH vol.3」を販売しました~。こんなにごちゃごちゃしてたのはうちのスペースだけだったんですよ~(笑)。でもずっと本当にこんな素敵なシチュエーションでZINEの販売をするのが夢の1つだったので感無量。周囲の出展者さんのクオリティも相当すごかったので、今後のZINE作りに是非参考にしたいと思います!

 そして、なんとなんと、この日は私の憧れの“TEAM KATHY”も東京からはるばるやってこられて出店されるという事をギリギリに知って(なんせこの日に向けて私も急遽ZINEを追加で作るなど、自分の事できりきり舞いだったのでチェックするのが遅かったのです)ずっと別の意味でソワソワしていました。「憧れの」とか言っちゃってる割にTEAM KATHYさんのZINEは一度も手にした事はなく、私はずっと音楽を通して[YETI]というアメリカのカルチャーマガジンが好きだったのですが、[YETI]を追っているうちに知ったのが彼女たちTEAM KATHYで、私が好きな音楽をしている人達の傾向として(あくまで結果論としての統計と一要素であるとしか言えないのですが)多様なセクシャリティである事がいえます。私はセクシャリティに限らず「自分らしく生きる。真の自分としてそれぞれが生きれる社会。」になれば良いな、という思いが昔からあって(この考えの発端というのは90年代初頭のムーブメント、ライオット・ガール、私の場合は特にSONIC YOUTHのキム・ゴードンやHOLEのコートニー・ラブに影響を受けている)そして、彼女たちはそんな「ライオット・ガール」を現在において自身を持って体現しているチームであるといえる事でしょう。彼女たちの活動を遠目に眺めてもそう感じていたので私が重要としている「フィジカルに触れる」機会を持てれば、といつも思いながらZINEを作る活動をしていました。そしてなんとこの日その願いは叶う事に…! 3・2・1!!!

…爆発しませんよ(笑)。この日はTEAM KATHYよりDIRTYさんが来られてブースで販売をされていました。そこにお客さんの隙間をぬって近づく私…。この日、販売されていたTEAM KATHYのZINEを全部買いしめ「ファンです。」言っちゃった★そしたらDIRTYさんはとてもご丁寧に知的に「ありがとうございます。」と優しく仰ってくださって、おまけに美人で本当に素敵な方でした。TEAM KATHYさんは、アメリカのダイクカルチャーとストリートポエトリーから詩人、小説家として活躍されるミシェル・ティーさんという方をずっと追ってらして、TEAM KATHYのZINEでも勿論特集されていますし、著作『ヴァレンシア・ストリート』はDIRTYさんの翻訳でここ日本でも太田出版より発売されています。QUICKCANALのZINEももらっていただいて「良かったら明日のレセプションパーティーにも来てください。」と言っていただいて(自分もZINE作りでアップアップでノーチェックだった私は)「そんなのがあるんですか!」とファン失格のセリフをご本人の前でやらかし「子供達の都合がつけば行きます!」などとのたまうのです(めっちゃ緊張してた。こんな緊張したんはJONSI以来…、それぐらい凛とされていた方だった)。でもね~、勿論私が行かない訳ありません!というわけでTEAM KATHYについては次回のBLOGに続く…!!!(こっちは写真もいっぱい撮れたのでアップします。大阪ZINE FAIR主催のMIKA とANNAも来てたので改めて写真を撮らせてもらいました!)


いや~、本当これだけでも私が相当充実してるんですけど(笑)。それに加えブースに足を運んで下さった皆様、TWITTERをしていて初めてリアルにお会い出来た方もいて、本当に人の目と目を合わせてお話する、って事は自分にとってかけがえのない行為なんだな、と再確認できました。インターネットは距離や時間などを限りなく超越した、使いようによっては最高のツールだと思う。でも結局は「ツール」でしかないとも私の場合は思うので(特にコミュニケイトは本当にしづらい)インターネットと比べれば本当に気が遠くなる所作だと分かっていても実際に自分の目で見て肌で感じたいなぁ、と思ってこれからもインディペンデントな活動をしていきます。まぁ、マイペースにね。

この日はご挨拶させてもらった佐藤澪さん、いつもお世話になっていますBooks DANTALIONの堺さん、ここには書ききれない素敵な方達にお会いできて本当に楽しかった!お礼が最後になってしまいましたがありがとうございます!!!次回、第二回がある事を楽しみにまちながら精進できたらいいな、と願っております★


ここからは私のデジカメが電池切れするまで撮った当日の写真です。
やっぱり大事に時に充電をしっかりしてこない鉄板…。少しですがFLOATの映画の様な空気を楽しんでいただけたら幸いです。



男の人と女の人三本脚の猫一匹、でここに住むFLOAT。


私のスペースお隣さんRYAN。仲良くしてくれてありがとー★
ステディのさやかさんと仲良くね☆超クオリティの高いSF漫画描いています!
ryancecilsmith.com


私の戦利品。中央がTEAM KATHYの品々。イェイ!

当日会場に飾られていたコラージュ。


  

0 件のコメント:

コメントを投稿