2011年4月14日木曜日

現代のシンプリティ、NO AGEライブの美学

っていうタイトルで書くつもりだったんですけど、今の日本の状態をスルーしてフラットになんて書けないので、その辺も交えて記しておこうと思います。以前もクッキーシーンに「NO AGEの立ち位置」というタイトルで投稿文を掲載して頂いたんですが、(クッキーシーン、いわずもがな良い原稿沢山ありますので、覗いてみて下さいね)彼らのライブを見て、すごく思う事がいっぱいあり、今後もまた機会があれば(あるよね…!)ワンステージでも多く見たい!と思っているのです。私が見た、今回のツアーはサウンドエフェクトのサポートメンバー参加の3人でのステージだったのですが、インタビューで「2人で色んな場所でライブをしてきた。」の言葉どおり、うちこみでサウンドに奥行きもありつつ、独創的で攻撃的なライブでありました。NO AGEに限らず、ライブは生でREALなものなので、コンディションや会場の音響などの相性もあり、「そこはプロなんだから」と思われる方もいるだろうし、音源のクオリティを求めるのは、大体の方が音源を聞いて足を運ばれていると思うので、当然の事だとも思います。ただNO AGEはライブごとに音の印象が違うかも、だしそこには重点おいてないかも。川の前でセット組んで演奏もしたことあるみたいだし。とっても楽しそうだ。2人という身軽さを生かしたNO AGEのライブには即興性の強みがあり、それでいて自分たちの立ち位置がぶれていない。自分たちの行きたい方向に高みを目指しているのが垣間見え、現在のだだっ広い荒野のような「インディシーン」の中で、そのスタイルのシンプリティは私には、「簡素」なんて言葉じゃなくて「実直で真摯」に、ひと際輝いて映るのでした。「美学」とか「真摯」とかって言葉、あんまり似つかわしくないかもしれないけどね。ライブもめちゃめちゃソリッドで乾いてて、アルバムタイトルに『 EVERYTHING IN BETWEEN』(その間に起きた事)なんてつけるそっけない感じのNO AGEだけど、すごく自分たちのコミュニティ(仲間)を大事にしているし、それはただ内輪ノリじゃなくて、まだまだ揺れ続けている日本に対しての活動もしてくれています。BLOGを見る度、感謝で胸が熱くなります。彼らのCBCB「THE SMELL」でもすでに2回JAPAN BENEFITSのライブをしてくれてました。もう、その事、私、絶対忘れません。まだまだ揺れ続けているし、生活に直接打撃をうけていない私も、毎日当たり前だが、考える。考えるだけでは駄目だし、おそらく、これから長い間、あーだこーだ、皆で考えて進んでいかなければならないでしょう…。まだ「その時が来ていない方々」が現在も沢山いらっしゃるのを、重々承知しながらも、私は音楽を聞いて生きます!またライブを見れると信じて。 

0 件のコメント:

コメントを投稿